シャチハタの使い道

では、そういった公的な場面で利用することが出来ないのであれば、シャチハタは必要ないのか?というとそういうことではありません。シャチハタにはシャチハタの使い道というのがあります。認め印としての利用であれば、シャチハタを用いても問題はありません。
例えば宅配便の受け取りの際や、回覧板を回す場合などには印鑑を押す必要があります。この印鑑は印鑑登録がなされているような印鑑で泣けなばならないわけではありません。こういった際にはシャチハタを利用しても全く問題はないでしょう。

そもそも、シャチハタというのは「印鑑」として扱うべきものではありません。あくまでも「ネーム印」なのです。そのため、これが公文書などで利用できないのは当然のことです。ボールペンが必要な場面で鉛筆を使うようなものだと考えると良いでしょう。どちらも別の場面で利用することは出来るものの、場面によっては利用することが出来ないわけです。

シャチハタの便利な点は、浸透印というシステムが取られていることです。通常の印鑑はそれ自体にインクを出すシステムはありませんから、朱肉がなければ押すことは出来ません。これが難しく、意外と綺麗に印影が出ないこともありますが、シャチハタならその心配はありません。

参考資料《印鑑・実印・はんこ・通販ショップ・いいはんこやどっとこむ®
…ゴム印・スタンプ・ネーム印・シャチハタ・代表者印なども販売している通販ショップ