デザインが個別なら

シャチハタが正式な印鑑として利用出来ない理由として、大量生産であるために印影が同じになってしまう、ということがあげられます。では、最近登場しているシャチハタのオーダーメイド品であればどうでしょうか?オーダーメイドであれば一つ一つの印影が違ったものとなるため、個人を特定する、という目的を考えると十分なように思えます。

しかし、これについてもやはり浸透印の特徴から不可となります。シャチハタが一般の印鑑と同じように利用出来ないのは印影が特定出来ないことだけではなく、ゴムを使っていることが大きなポイントとなります。印影が変わらないことが保証できるものならば問題はありませんが、浸透印はシステム上柔らかい素材でなければ利用することが出来ないため、実質的に利用することが出来ないわけです。

裏を返せば、朱肉を使っておす印鑑なのであれば、個人を特定することが出来るという条件を満たしており、印影のデザインは重要ではないということになります。通常であれば自分の苗字の印鑑を実印とするわけですが、例えば下の名前の印鑑であったり、イラストを掘った印鑑であっても問題はありません。これらも実印として利用することができます。