シャチハタの特徴

まず、シャチハタが通常の印鑑と用途が違っている点として、「銀行印」や「印鑑登録」、「公文書」のための印鑑として利用することが出来ない、という点を挙げる事ができます。何故利用することが出来ないのか?ということについて紹介します。

まず一つ目に、トップページでも紹介したように、大量生産であるために同じデザインのものが多く存在しており、個人を証明するための印鑑として利用することが出来ないためです。同じ苗字の人のシャチハタをどこかで買ってくれば、簡単に別人でも照合が行えてしまいます。これでは、個人を特定する目的で利用される印鑑としては役割をなしません。

次に、押印面がゴムで作られている、という点を挙げる事ができます。通常の印鑑は石材や木材などに彫り入れて作りますが、シャチハタはゴムであるため、経年劣化を起こしてしまいます。ゴムは熱に弱く溶けやすく、後になって押すと最初に押した時と形が変わってしまう可能性があります。これでは、同一の印鑑であると判断することが出来ず、個人特定に利用することが出来ません。

そして最後に、インクが薄くなってしまうことです。これも単純な問題で、時間が経過すると本人確認の能力を失って行くことになります。