デザインが個別なら

シャチハタが正式な印鑑として利用出来ない理由として、大量生産であるために印影が同じになってしまう、ということがあげられます。では、最近登場しているシャチハタのオーダーメイド品であればどうでしょうか?オーダーメイドであれば一つ一つの印影が違ったものとなるため、個人を特定する、という目的を考えると十分なように思えます。

しかし、これについてもやはり浸透印の特徴から不可となります。シャチハタが一般の印鑑と同じように利用出来ないのは印影が特定出来ないことだけではなく、ゴムを使っていることが大きなポイントとなります。印影が変わらないことが保証できるものならば問題はありませんが、浸透印はシステム上柔らかい素材でなければ利用することが出来ないため、実質的に利用することが出来ないわけです。

裏を返せば、朱肉を使っておす印鑑なのであれば、個人を特定することが出来るという条件を満たしており、印影のデザインは重要ではないということになります。通常であれば自分の苗字の印鑑を実印とするわけですが、例えば下の名前の印鑑であったり、イラストを掘った印鑑であっても問題はありません。これらも実印として利用することができます。

シャチハタの使い道

では、そういった公的な場面で利用することが出来ないのであれば、シャチハタは必要ないのか?というとそういうことではありません。シャチハタにはシャチハタの使い道というのがあります。認め印としての利用であれば、シャチハタを用いても問題はありません。
例えば宅配便の受け取りの際や、回覧板を回す場合などには印鑑を押す必要があります。この印鑑は印鑑登録がなされているような印鑑で泣けなばならないわけではありません。こういった際にはシャチハタを利用しても全く問題はないでしょう。

参考資料《印鑑・実印・はんこ・通販ショップ・いいはんこやどっとこむ®
…ゴム印・スタンプ・ネーム印・シャチハタ・代表者印なども販売している通販ショップ

そもそも、シャチハタというのは「印鑑」として扱うべきものではありません。あくまでも「ネーム印」なのです。そのため、これが公文書などで利用できないのは当然のことです。ボールペンが必要な場面で鉛筆を使うようなものだと考えると良いでしょう。どちらも別の場面で利用することは出来るものの、場面によっては利用することが出来ないわけです。

シャチハタの便利な点は、浸透印というシステムが取られていることです。通常の印鑑はそれ自体にインクを出すシステムはありませんから、朱肉がなければ押すことは出来ません。これが難しく、意外と綺麗に印影が出ないこともありますが、シャチハタならその心配はありません。

シャチハタの特徴

まず、シャチハタが通常の印鑑と用途が違っている点として、「銀行印」や「印鑑登録」、「公文書」のための印鑑として利用することが出来ない、という点を挙げる事ができます。何故利用することが出来ないのか?ということについて紹介します。

まず一つ目に、トップページでも紹介したように、大量生産であるために同じデザインのものが多く存在しており、個人を証明するための印鑑として利用することが出来ないためです。同じ苗字の人のシャチハタをどこかで買ってくれば、簡単に別人でも照合が行えてしまいます。これでは、個人を特定する目的で利用される印鑑としては役割をなしません。

次に、押印面がゴムで作られている、という点を挙げる事ができます。通常の印鑑は石材や木材などに彫り入れて作りますが、シャチハタはゴムであるため、経年劣化を起こしてしまいます。ゴムは熱に弱く溶けやすく、後になって押すと最初に押した時と形が変わってしまう可能性があります。これでは、同一の印鑑であると判断することが出来ず、個人特定に利用することが出来ません。

そして最後に、インクが薄くなってしまうことです。これも単純な問題で、時間が経過すると本人確認の能力を失って行くことになります。

印鑑社会日本

アメリカはサイン社会であり、日本は印鑑社会であると言われます。様々な公式な手続きを行なう際に、日本では印鑑を利用することが多く、一人ひとり違った印鑑を持っておくことが求められます。さて、そんな印鑑に関して、よく聞く言葉に「シャチハタ」というものがあります。シャチハタというのは印鑑の種類の一つとして考えられていますが、実際のところこのシャチハタというのはインスタント印鑑を作っている会社の名前です。

そのため、実際のところ別の会社が作っているインスタント印鑑は厳密にはシャチハタではありませんが、通例としてそのように呼ばれる事が多いようです。では、いわゆる「印鑑」とこの「シャチハタ」というのはどのような違いがあるのでしょうか?利用をする上で、どちらでなければならない、というような事があるのでしょうか?

シャチハタが一般の印鑑とくらべて最も違っている点は「大量生産」であるということです。通常の印鑑は手掘りで作られているため、一つ一つ形が違っています。同じものは2つとない、というのが特徴です。対して、シャチハタは工場で機械生産されているため、一つ一つの形に違いはありません。同じ名字の人であれば、同じ形のシャチハタになっています。

この「多様性のなさ」というのがシャチハタの特徴であり、利用できる場面を限定している理由でもあります。では、この先のページでより具体的にこのシャチハタの特徴と、利用場面の違いについて紹介します。